四十後半でMLにハマリ、五十にて学問に目覚めたオヤジ系です。マスコミに溢れる発言のうそ臭さ!それをチェックする為にも学問は欠かせない。雑誌から新書、やがては専門書へと、学問って本当に面白い!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨今の国民の関心事はなんと言っても「年金問題」でしょう。

今回はこの問題をヘリコプターマネー政策の見地から考えてみたいと
思います。皆さんは地域振興券というものを覚えていますか、あれが
一種のヘリコプターマネー政策です。
ただ経済効果を出す為には、量的に、いかにも中途半端ですし、通貨
発行益を財源とせず税金、国債を財源としたため、財政赤字を増やし
成功しなかった政策と位置づけされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%
E6%8C%AF%E8%88%88%E5%88%B8

 次に通貨発行益を説明します。
経済が大きくなるほど、それに伴い通貨量が必要になってきます。必要
に応じて発行された通貨益は本来は国の利益になります。
まあ、ご丁寧に日銀は通貨を発行し国債を買うというやり方で発行益を
わずかな国債の利子収入にしています。さすがアホの日銀。こんな
ものは赤字国債を買えば、経済の発展とともに通貨発行量が増え、
その通貨で赤字を相殺できますから、日本の赤字は減っていく勘定に
なるのですが。そんな事をすると通貨の信用性がなくなり、通貨が紙切
れになりハイパーインフレになると日銀関係者はワンパターンの脅しを
かけるでしょう。まあ、アホですから脅しもワンパターンしかありません。
 これはアメリカのドルを例に考えると理解が容易になります。
基軸通貨であるドルをアメリカが発行すれば、アメリカの利益になりま
すが、そのつどアメリカは自国の国債保有量を増やしていったという話
は聞いたことがありません。逆にドルの発行量を増やせば、ドル換算で
の日本の富の価値は低下していきます。つまり富を間接的にアメリカに
渡していくことになります。本来は変動相場性ですから、ドル安となり富
の移動はなくなるはずですが、日米協調介入という政治的操作でドル円
の数値は固定化されています。
これを帝国(米国)への属国の貢ぎという事で「帝国循環」といいます。

 さて、大量の発行されたドル紙幣により、かつて世界的にドル安傾向
がありましたが、旧共産国がドル圏に参入したために、余ったドルは
消化され、アメリカは多大な利益を得ました。
ここから、発行に伴い経済(円圏)が成長すればハイパーインフレなど
起こらない事がわかります。その上、円は有数の低金利通貨です。
金利を上げる余地が大きい通貨がハイパーインフレになるなどもともと、
あり得ないのです。

 さて、ようやく年金問題に入ることにします。
保険、年金準備金の近年の総額は四百数十兆円と言われています。
これが財投などの、箱もの公共事業投資で三分の一以上が不良債権
化しているらしい。おまけにその運営費が積立金で賄われるため、無駄
遣いにより、だいぶ穴が開いているらしい事が報道されています。
さらには基礎年金の一元化の際の不手際でデーターが消失している可
能性まであるとされています。これに対して政権与党の関係者は制度
設計は
菅直人とか、実際に業務した組合員の不手際などとわけのわからない
事を言っています。また、マスコミも責任のなすりあいなどと、相変わら
ず知性の低い評価をしています。

 こんな問題は責任の所在を考えれば明確になります。
国民に対する最終責任は勿論、国にあります。
実行責任、監督責任も国が持っているわけですから、その時点で、
制度の不備があれば修正すればよいのだし、程度の低い仕事しかでき
ない職員は処分して代わりの人間にさせればいいだけの話です。
それをしない故に問題が起きたのだから、国民に対する責任は当然の
ことながら国にあります。また、不手際で目減りさせた額を財政赤字を
理由に国は年金の減額によって賄おうとしているので、明らかに国の責
任でありながら、証拠もないのに全額払えるかと開きなおるっています。

 財源をどうするのか、また赤字を作り、財政を悪化させてしまうのかと
いう話になります。そこで、それを解決するのが通貨発行益です。
仕組みを変え、通貨発行益をそのまま国の利益にし、それを財源に年
金を支給する。つまりは、ヘリコプターマネーように無根拠ではなく、
年金故に正当に支払う(捲く)ようにするのです。
近年、保険金を支払う人間が減り、早晩、崩壊の危機が囁かれている
事も鑑み、色をつけて低額者には多めに支給すればいい。それにより
一般消費が増え日本は内需により成長できます。
これを実行すると問題になるのがインフレです。
アホの日銀に言わせれば、またぞろハイパーインフレです(笑)

 しかし先進国では既にインフレターゲット政策が実施されていますし、
アメリカのFRB議長のバーナンキはインフレターゲット政策論者です。
ここで何故、先進国では数%のインフレが国の経済に望ましいと
思っ
ているかを少し説明します。インフレは貨幣の価値を目減りさせていき
ますから、必要な物があれば個人はいち早く購買することが有利にな
ります。また企業も貨幣を持っていても、価値が低くなるだけですから
投資を行い利益を生む事が有利になります。これは社会的に見れば
通貨流量が増える、つまり社会は景気がよくなる事を示します。
そして低インフレ時には失業率は最低化する事が観測されています。
逆にデフレ時には、貨幣の価値は上がり、物の価値は下がりますから、
個人は消費を控えるのが有利になります。また企業も下手に投資をし
ても利益確保が難しく、内部留保するか負債整理する事が有利になり
ます。結果として社会の通貨流量が減り、景気が悪化していきます。
高いインフレにすれば弊害も出ますが穏やかなインフレにしておけば、
経済が成長しやすくなるというのが日本以外の先進国の共通認識です。
これに反する認識を持っている日銀の理事たちを現FRB議長のバー
ナンキが、かつて「ジャンク、屑」と名指して批判したことは有名です。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

どうも日本の(経済)改革と称する物は殆どが失敗に終っているのでは

ないかという疑問があり、江戸時代はどうなのだろうと思っていたら、

こんなHPを知人に紹介されました。

http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/edo-1.html

大江戸経済学

これを見ると江戸時代の三大改革とされている吉宗の「享保の改革」

松平定信の「寛政の改革」水野忠邦の「天保の改革」は評価されていない。

また、腐敗政治家とされていた田沼意次が評価されており、名奉行とされる

大岡越前はそれほど評価されていない。

つまり、従来、日本では経済を発展させた者は評価されず、財政を立て直そう

とした者は、結果の如何にかかわらず評価されている。

どうも日本人の価値観には間違いなく「清貧」があるように思える。

豊かさを謳歌することに躊躇いがあるのではないか。

この疑問に答えて知人は、「社会的に豊かさを謳歌する事は当時の社会の

生産性では持続できなかったからだ」と言いました。

成る程、豊かさを謳歌することは共同体の存続を危うくするからなのだと

納得しました。

その歴史的慣性が小泉政権の「構造改革」を支持しているあるいは支持して

いた。

「米百表」「痛みに耐えて」「改革なければ成長なし」「民の事は民に」

経済学的には根拠の薄い諸政策も日本人の琴線には触れるのだろう。

現状では、適度に豊かさを謳歌すること(適度な内需拡大)は経済の適度な

成長に繋がるし、適度な成長があれば税収も増え、財政も大きく悪化しない

ですんだのだが。日本人の歴史的な清貧好みが災いして、トンチンカン

な政策に心引かれてしまう。

○日本がいわゆる「国際競争力」を失ったのは急激な円高のせいであり、

 構造問題のせいではない。

○成長なければ構造改革(資源の最適配分)はない。

○債務残高は純債務とは違うし、日銀が持っている国債の総額を差し引くと

 つまり債務残高ー金融資産(政府)=純債務 純債務ー日銀資産(国債)

 の額が本来の政府の負債。この額は諸外国に比べても多いがくではない。

○規制緩和は短期的にはデフレ効果 

○教育、医療、福祉費の削減は長期的に国民の生産性を低下し成長を損なう。

小泉首相の記者会見を見ると、ある種の強い信念が伝わりその呪文の強さは

私自身にも響いてくるものがある。戦時中、子を戦死した母の悲痛さが反戦

ではなく、戦争翼賛に作用したという。「悲痛な信念」の吐露は、強い呪力

を未だ我々に持っているような気がする。

強い呪力を断ち切って、過去の過ちを繰り返さない事が切望されます。

日本のように15年以上も不景気に陥っている国など先進国の中には

存在しないのです。

何年か前に書いたものですが再録します。

公式参拝賛成派の意見は概ね次のようになるかと思います。

○神道は宗教というより日本人の心情に近いものである。

 人は死ねば皆、神になる(罪は消える)、亡くなった者を慰霊することは

 人の道として当然である。

そしてもっと積極的には

○今日の礎をきずいた(国のためになくなった)英霊を慰霊するのは一国の

首相として当然である。

これだけ考えれば一見、反対する理由は見つかりません。しかし

○人は死ねば皆、神になる(罪は消える)、亡くなった者を慰霊することは、

そして、その上で靖国神社で慰霊することは人の道として当然である。

○今日の礎をきずいた(国のためになくなった)英霊を慰霊するのは、そして

 その上で靖国神社で慰霊することは一国の首相として当然である。

と「靖国神社で」を加えると違和感が生まれます。

それならば、何故、靖国神社でなければならないのかと言う理由を述べなければ

なりませんがそうなると明確な理由は見られなくなります。

現在、靖国神社(という一宗教法人)に祀られている。(遺骨が納められて

いるわけではない。)

当時、戦死すれば靖国神社に祀られると言われていた。

私は戦没者を悼む(対象者は軍人、日本人に限らず)記念碑を公苑に作り国家

行事として、終戦の日に天皇も臨席して戦没者の死を悼む式典を行なうべきで

あると思っています。

次に何故、国の戦没者慰霊の場所が靖国神社ではいけないかを述べます。

まず * 戦死すれば靖国神社に祀られると言われていた。  ですが

実はこれを成り立たせる為には天皇は現人神であり国民は天皇の赤子または臣民

である、天皇の為に戦死すれば神になれる、という前提が成り立つ事が不可欠で

す。これは勿論現在では現実性が無く、成り立ちません。また敗戦して国は皇国

でなくなることを受け入れたのだから、靖国神社でなく別の場所で行なうべきで

す。そして、軍人も靖国神社のためというより天皇、日本のために戦ったわけで

すから、靖国神社にこだわらなければならない理由は弱いと思います。

次に * 神道は宗教というより日本人の心情に近いものである。

   * 人は死ねば皆、神になる(罪は消える)、亡くなった者を慰霊する

     ことは人の道として当然である。

まず、本来、神道に慰霊とと言う言葉はありません。あるのは鎮魂と招魂です。

神(英霊=荒魂)の大きな力が望まぬ方向に働くのを防ぐ為にするのが鎮魂。

神(英霊=和魂)を呼び出し、大きな力を望む方向にむけるのが招魂。英霊を

慰霊するとは日本仏教的な文脈(迷わず成仏)で語られているわけで、神道的

な心情ではありません。文字通り、慰霊するのであれば、歴史的、社会的に慰霊

の実績がある場所、つまり寺で行なえばいい訳です。

これに靖国神社に加えるとすると、さらに違和感は増します。

少し長くなりますが神道の文脈から靖国神社について説明します。

もともと神道は地縁的な神を祀っていました。個人を祀るようになったのは

平安時代からで、恨みを抱いて亡った霊が怨霊(荒魂)として災いをもたらさ

ないように神社に封じた、または鎮めました。

(菅原道真、平将門 等)其の霊を呪術的に利用しようという考えが生まれま

した。例えば江戸城の北東(鬼門)の方向に小塚原があり、其の罪人の霊(荒

魂)の力を利用して江戸を守る。

靖国神社もその例で前身名の東京招魂所からも判るように慰霊(鎮魂)という

よりは招魂のため、つまり「強い霊」を招きその力を神州安泰に利用するため

天皇の忠臣を祀ったわけで、会津藩士や西郷隆盛の賊軍は祀っていません。

また戦病死者は弱い霊だけれど天皇の特旨の特赦で祀られたわけです。だから

A級戦犯などは戦勝国への最も強い怨霊(荒魂)ですから祀っている訳です。

軍人ではありませんが徹底抗戦して亡くなられた沖縄の方々もその例でしょう。 

次に靖国神社が日本に果した機能的役割を説明します。

日本が近代化をなしとげるために、人々の伝統(共同体的生き方)を断ち切りな

がらも伝統(生き方)に密着するモチベーションやエネルギーを吸収し、あらた

に近代国家として、国民に国家意識をもたらした文化的な装置が天皇制だったと

思います。また、小室直樹「天皇の原理」によれば地域的な共同体を国家レベル

まで押し上げたのが天皇制。天皇制は明治維新の指導者たちによって作られた装

置で、近代化を成功させた装置といえます。

八木公生「天皇と日本の近代」によれば実際に人々の皇民化にロゴス的に大きい

影響を与えたのは、憲法(ドイツ系)、教育勅語をあげています。

また明治9年と明治14年の御巡幸の様子を紹介してますが、明治9年には人々は天

皇に対しては強い関心を示さなかったのに明治14年には熱烈な歓迎をしているこ

とが紹介されています。

これは皇民化政策が実を挙げた成果の表れだと思います。

私は明治維新後、急遽作り出された国家神道こそ御真影(天皇の写実的絵画を写

真にしたもの)と共に、人々のエネルギーを吸収し、天皇制を動かしたパトス的

装置だと思います。

国家神道の中で神社の格付けは伊勢神宮、官幣大社(明治神宮等)、官幣中社、

官幣小社、別格官幣社の順で、靖国神社は天皇の臣下を祀るのですから、一番低

い格付の別格官幣社ですが、日本を防衛するため、すなわち、人々の命を国に差

し出すことを要求する分、一番、国家にとっては大切な機能を果したと言えす。

靖国神社を知れば知るほど、死を悼むという、人としての自然な心からは離れて

行くように思います。また賛成派の政治家たちは慰霊というより日本人の国家意

識の強化をねらっているのではないかという不透明さを感じます。

国家意識の強化を図りながら日本の国の形を変えようとするなら、政治家たちは

姑息な手段を用いるべきではないと思います。

以上の事から私は首相の靖国公式参拝について、『反対』 します。
NHKでの議論を見て痛感したのは、やはり経済学の知識が欠けている

のは致命的だなという事です。

財務省・小泉路線を頭に刷り込まれて論議していては、政府を小さくするか

負担を増やす、すなわち増税するしか選択がなくなります。

(実際は官僚を減らすことなど考えていない、つまりは増税やむなしになる)

日本経済が縮小気味でその上、配分を平等ではなく格差をつけてしまっては、

配分を巡って、世代間、男女間の争いが熾烈にならざるおえません。

まあ戦いが熾烈になれば、それに紛れて、経済当局の25年にわたる失政が

問われる事はないという事になります。

NHKでの結論は案の定、明るい未来を信じて頑張ろうという精神論に。。

ここで失政の経緯を簡単に書くと、プラザ合意や バブル崩壊処理に諸国とは

逆に金融を引き締めるという失政のせいで日本は実力以上に円高になり、先進

諸国と比べ日本人の労賃が割高になった。(つまりは競争力が低下した) 

それを無知あるいは確信犯的に「構造問題」にすり替え、悪平等故に日本の

競争力が悪化したと言う事にした。

それ以前に日本型平等社会で競争に打ち勝ち「ジャパンアズNO1」などと

言われながら急に日本の競争力がなくなるはずもない。一見、競争力がなく

なったように見えたのは急激な円高のせい。

ついでに言っておけば「国際競争力」とは経済学の「比較優位」も知らない

輩のト系の概念。

絶対優位で輸出をするのでは自国の富を減少させる事になる。

比較優位による貿易が実現してこそ、世界的に富は増加する。

このすり替えにより平等は駄目で競争が良いことになり、自由主義が幅を

きかす事に。創造的破壊などとトンチンカンな事をいい、「過剰な」供給

力を削ぐために、構造を改悪し日本型平等社会を解体した。

国際競争力のため、輸出産業へは減税、さらには円安政策という輸出産業へ

の補助金。国際競争力と国の財政改善のため労働条件と福祉は改悪。構造改革

の為、規制緩和、これにより自営業者は衰退つまり総中流時代の終わり。

国際競争力(構造改革)の為国民は痛みに耐え財政改善の為負担増(増税)

その結果、国民は安い物が恒常的に買えるようになった。。

というか安い物しか買えなくなった人が増えた。

国民総体の購買力低下によりデフレギャップはますます広がり、中国の成長

が頼りという自力色の弱い経済に、日本経済は成り果てた。

このような中で一部の老人、官僚とシステムの上部にいる勝ち組み以外は

生活環境が著しく悪化しているわけで、失業率が特に高い若い世代が、多く

の子供を育てられる余地があるのかどうかは、考えれば誰でもわかるはず。

最近の傾向は「雇用なき好況」国民に広く、金が流れない仕組みが形成されて

来ている。

しかし問題の核心である経済政策を問える知識が国民には著しく欠けている。

どうも経済的には、かつての『戦争』状態に日本は入ったかのようです。

かつての戦争は15年で敗戦を迎えたのだが、今度の戦争は終わりが見えない。

政権交代するにしても、民主党自体が同じ構造改革路線だからだ。

今、経済的理由で自殺する人間は年に七、八千人。

大本営発表を信じて、ますますドツボに嵌っていくような。。

それにしても悪質なのは堺屋太一。

猫なで声で明るい未来を振りまく。

人口減少社会になれば、人々は豊かになる。。

労働環境と配分を悪化させて、さらには安い外国人労働者を導入して(日本人

労働力の将来的な減少は市場原理により労賃を必ず高騰させる。そこで出て来る

のが、またぞや国際競争力。このために安い外国人労働者の導入は必至。)

一人一人の国民がどう豊かになるというのだ!

まあ、企業ゴロならぬ民族ゴロの右翼は外国人労働者の導入により、存在意義

をようやく得て、力を増す。民族ゴロが豊かになってもなあ。。

さらに堺屋太一は言う、金かねではなく、文化的にアプローチして豊かに人生

を過ごす智恵を持て。

昔 「貧乏人は麦を食え」といった政治家がいたが、

堺屋の言い分はまるで「貧乏人は笑って、麦を食え」という話。

こういう自称エコノミストが多いのが日本の不幸。。。
NHKのBS放送で今月の22日に財政問題でディベートが行われます。

その前に視聴者の意見を求めています。私も投稿しようと思っていますが

体調不良で中々書く気力が伴いません。まあ2,3日の内に書く予定です。

以下はディベート出演者の論旨です。

http://www.mof.go.jp/f-review/r01/r_01_077_086.pdf

ところで以下で債務残高と純債務に関しての財務省の数字操作の

カラクリを解説していました。少し引用します。

http://www.japanweb.ne.jp/fortune/aqua_data/index.html

経済コラムマガジン2  2005/5/16 (第389号)

◆ヴァーチャルなもの(その1)

債務残高でなく債務残高から国の保有する金融資産(外貨準備など)を

差引いた純債務額を使うべきと説明した。実際、日本のGDPに対する

純債務の比率は他の先進国の数字と遜色ない。

さらに筆者は、純債務額から日銀が保有している国債残高を差引くべき

と考える。日銀が保有している国債に対して国は利息を支払うが、日銀の

利息収入は回り回って国庫に納付される。つまり日銀保有の国債は、実質

的には国の借金にならない。ちなみに日銀保有の国債の残高を純債務額から

差引けば、GDPに対する純債務の比率はさらに小さくなる。おそらく日本の

実質的な財務内容は、先進国の中では際立って良くなると見る。日銀の保有

する国債の全体に占める比率は、前述のように14.5%(04年9月末)である。

先進国の中では、日本のこの数字は大きい。ちなみにフランスはゼロ、

ドイツ0.3%(03年12月)、英国5.5%(03年12月)である。

ただ米国だけはこの数字が16.3%(04年3月)と日本より大きい。さらに米国

の場合には非市場性国債というものが別に存在する。ところがこの非市場性

国債というものの規模とか性格がはっきり分らない。おそらくこれは塩漬けさ

れた国債と思われる。

┐┐┐┐ ┐┐┐┐ ┐┐┐┐ ┐┐┐┐ ┐┐┐┐

この塩漬けされた国債とは、棚上げして、とりあえず、しばらくは返済の対象

にしていない国債の事です。つまり塩漬けする事は可能で、それにより直ちに

問題は生じないという事です。(コラムの筆者の主張が正しいならなば)

国家は通貨発行権を持ち、国の貨幣を赤字国債の担保としているが、貨幣の値打

ちが暴落傾向にならない限り、返済を棚上げしていて済むわけです。

逆に言えば、貨幣価値が暴落しない限り、その国の財政が破綻するはずはない

という事になります。

上記の引用が正しいとすれば、(その上、日本が所有している資産は金融資産

だけではありません。国有地、その他地上物を含めれば莫大な資産を保有して

います。それを全て売り払う事はできませんが。)日本の財政が悪化するはず

はなく、構造改革による貧富の差の拡大を是認する事や消費税律を引き上げる

必要もないという事になります。

スティグリッツは市場が正しく機能する為には情報は対称ではなければなら

ないと言っていますが、民主主義も同様です。誤った情報を基に国の政策が

歪められているとすれば恐ろしい事です。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。